2018FIFAワールドカップ・ロシア大会では日本代表チームの右サイドバックとして全試合フル出場した酒井宏樹(さかい・ひろき)選手。ネット上にはその酒井選手がダウン症あるいはサヴァン症候群でないのか?、はては右サイドバックとしてはお粗末でないのか?といった記事が飛び交っています。今回はそうした記事の誤りを正し、酒井の嫁、子供の情報も探ってみます。文中敬称を省略することがあることをお断りします。

 1.酒井宏樹はまともな選手

酒井宏樹選手がダウン症あるいはサヴァン症候群ではないかという噂がネット上では飛び交っています。またネット上には、酒井よりましなサイドバックが日本代表になるべきだ、という評価も見られます。こうした噂や評価が根拠を持たないことを示すためにまずプロフィールと略歴を確認します。

(1)プロフィール

生年月日1990年4月12日

出身地 :長野県中野市(幼い頃千葉県柏市に転居)

身長・体重183cm・70kg

最終学歴:千葉県立柏中央高等学校をへてウィザス高等学校

在籍チーム:フランス・リーグ・アン・オリンピック・マルセイユ

父親は酒井英樹(さかい・ひでき)さん。同姓同名の方が多数おられるようですが、宏樹の父は東京医科歯科大学教授で、千葉県柏市立病院消化器内科医も務める。長野県中野市内の病院から柏市立病院に転勤した(後に東京医科歯科大学教授となる)ので、宏樹も柏に共に転居した。

酒井英樹さんは若い頃から運動に関心を持ったことがなかった模様。

宏樹は年の離れた二人の兄の影響でサッカーを始めた。

同じサッカー日本代表の酒井高徳とは、姓は同じでも、兄弟でも親戚でもありません。

(2)略 歴

①柏レイソル以前

1999年 柏マイティーフットボールクラブ加入(柏市立富勢西小学校)。

2003年 柏レイソルU-15加入(柏市立富勢中学校)。

2006年 柏レイソルU-18へ昇格(県立柏高校)。

2008年 柏レイソル2種登録選手となる。

柏レイソルU-18の選手として第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で準優勝する。

②柏レイソル時代

2009年 柏レイソルトップチームに昇格。ブラジルにサッカー留学。J1公式戦の出場はなく、クラブはJ2に降格する。

2010年 J2で公式戦に初出場し、初得点も記録し、9試合に出場する。クラブもJ1に復帰する。

2011年 右サイドバックとしてレギュラーに定着し、大ブレイクする。

5月U-22日本代表に初選出され、10月にはA代表にも初選出された。

J1リーグ戦27試合に出場し、クラブのJリーグ史上初となる昇格初年度J1優勝に貢献し、Jリーグベストイレブン、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を同時受賞した。

2011FIFAクラブワールドカップでも全4試合に出場し、得点も記録し、世界的な注目を集めた。

2012年 前年の活躍によりFIFA公式サイト上で「2012年注目の若手選手13人」の1人に取り上げられ、7,8の海外クラブから獲得オファーが舞い込み、ドイツ・ブンデスリーガのハノーファー96に7月に移籍した。

③ハノーファー96時代

ハノーファー入団直後開催されたロンドン五輪では、1次リーグ初戦で足首を捻挫し、1次リーグを欠場し、決勝トーナメントから先発復帰し、ベスト4進出に貢献した。

ドイツでの2012-13シーズンはブンデスリーガのプレースピードなどに対応できず、試合に出られない時期があったが、シーズン終盤には出場機会を増やし、初アシストを記録した。

2013-14シーズンは開幕から右サイドバックの定位置を確保し、ブンデスリーガ初得点も記録した。

2014年 6月のFIFAワールドカップ・ブラジル大会では日本代表メンバーに選出されたが、出場機会がなく、日本チームも1次リーグ敗退となった。

2014-15シーズンはハノーファーで一時控えになることがあったが、シーズン終盤はスタメンに復帰した。

2015-16シーズンは26試合に出場し、得点も挙げたが、チームは降格となった。また契約が満了になり、ハノーファーを退団する。

④オリンピック・マルセイユ移籍後

2016年 6月いくつかのヨーロッパのチームのオファーがあった中、フランス・リーグ・アンのオリンピック・マルセイユに移籍する。

移籍1年目の2016-17シーズンは、35試合に出場し、アシストを決めるなど、レギュラーとして活躍した。

2017年 8月開幕の2017-18シーズンでは開幕戦から2年連続スタメン出場する。

2018年 4月UEFAヨーロッパリーグでは得点を挙げ、チームの14年ぶりのELベスト4進出に貢献した。

6月開催のFIFAワールドカップ・ロシア大会では日本代表に選出され、右サイドバックで本大会の全4試合にフル出場し、チームのベスト16入りに貢献した。決勝トーナメント1回戦でベルギーに3対2で逆転負けしたことが惜しまれる。

(3)酒井は病気でないし強靭だ

①酒井宏樹はダウン症ではない

ここではまず第一に酒井宏樹がダウン症あるいはダウン症候群だという噂が根拠がないことを示します。

ダウン症候群は染色体に異常があって起きる病気で、目と目の間隔が開いている特有な顔貌、吊り上がっている目じり、太く短い首などの身体的特徴を伴います。これらの特徴は文字表現上は酒井宏樹に当てはまるかもしれません。

ではこの人もダウン症候群でしょうか。

言わずと知れた俳優の鈴木亮平さんですね。

この人と酒井宏樹の顔の印象はよく似ています。

いわゆるゴリラ顔というやつです。ですがゴリラ顔はダウン症候群とは関係ありません。

ダウン症候群の場合全身の筋肉量が少ないため、運動能力が乏しく、サッカーのような激しい運動を長時間することはできません。

またダウン症候群の場合、心臓をはじめ内臓の形態異常があり、この点からも運動には不向きです。

さらにダウン症候群の場合、精神的発達も遅れ、7~8歳の知的レベルでストップします。

サッカー選手たりうる運動能力もっているだけで酒井宏樹はダウン症ではありません。

また酒井宏樹はチームメートとコミュニケーションをとることができるだけのフランス語の能力を獲得していますので、この点でもダウン症でないことが明らかです。

②サヴァン症候群でもない

では酒井宏樹がサヴァン症候群だという噂はどうでしょうか。

サヴァン症候群は、自閉症や知的障害がある一方で、特定の領域で突出した能力を持っている人を指します。例えば、一度読んだ本の内容を完璧に記憶できたり、絶対音感を持っていたり、並外れた桁数の暗算ができたりする人です。

しかしこうした人々は、そうした能力を持っていても、他人とコミュニケーションをとることができません。

サッカーは味方とのコミュニケーションを基礎とする集団競技です。したがってサッカー選手である酒井宏樹はサヴァン症候群とは言えません。

③酒井宏樹は世界的レベルの右サイドバックである

もう一つ、日本代表チームの右サイドバックは酒井宏樹で良いのかというネット上の疑問に答えます。

この疑問はおそらく暗黙の裡に別の日本人選手のほうが右サイドバックとしてはうまいのでないかという主張を含んでいるのでしょう。

たしかに一時期酒井と日本代表の右サイドバック争いをやっていた選手がいました。

しかしその選手は国内で日本人相手なら、通用するでしょうが、国際的な場面で外国人選手には全く歯が立ちません。

それにひきかえ酒井は身長で外国人選手に引けを取らず、外国人とぶつかっても当たり負けしない強靭さを持っています。

モスクワ大会の前NHKの『アスリートの魂』で「謙虚な男の意識改革 サッカー日本代表酒井宏樹」(総合2018年6月14日)が放送されましたが、その中で酒井がブラジル代表でパリ・サンジェルマンに属するネイマールとボールの奪い合いをやり、最後にネイマールがボールを奪えずいら立つシーンがあり、そこに酒井の真骨頂を見た気がしました。

モスクワ大会でも酒井宏樹は自分の使命を自覚し、日本チームでは長友佑都、柴崎岳につぐ3番目の長さの距離の走りを見せてくれました。

守備で堅実さを示しただけでなく、失敗に終わりましたが自らシュ-トも試みるなど、積極的にゲームメイクをしていました。監督も酒井のパフォーマンスを讃えていました。

ベルギー戦敗退後の「僕ら守備陣がゼロに抑えられず、攻撃陣に申し訳ない」というコメントにも酒井らしい謙虚さが現れていました。

次のカタール大会にも出場し、リベンジを果たしてもらいたいものです。

2.酒井宏樹の嫁は一般人

(写真は酒井選手と関係がありません)

酒井宏樹は2014年8月一般女性と結婚したことを発表しました。

2014年はまだハノーファーにいた時ですので、ドイツ人と結婚したのでしょうか?

そうすると子供はハーフ?

いえ、酒井の嫁は日本人です。ではどんな人?

(1)酒井の嫁はどんな人?

一般人ということで酒井宏樹は嫁の情報を一切公開していません。

上で挙げたNHK『アスリートの魂』ではちらりと嫁さんの姿も映っていましたが、小柄であるが決して不美人という印象ではありませんでした。

『アスリートの魂』をもう一度見ればよいのですが、オンデマンドの料金をNHKに払うのが癪なので見ません。どうしても気になる方はオンデマンドでご覧ください。

名前はネット上で「彩(あや)」でないかという情報がありますが、これも確認できません。

生年月日、学歴等も不明です。

(2)出会い・馴れ初め

出会い・馴れ初めについても逸話めいたものは伝えられていません。

謙遜の酒井」と言われるだけあって酒井は自分の私生活を他人に話すことをしないのでしょう。したがってチームメイトなどを介して酒井の女性との交際状況が知られるということはなかったようです。

ただ、ブログに結婚する前彼女がたびたび応援にドイツに来てくれたという趣旨の記述がありますので、出会いは当然柏レイソルに在籍していた当時ということになります。

嫁さんは柏のサポーターかファンだった人なのでしょう。

したがって嫁さんの出身は千葉県の可能性があるということにもなります。

しかしこれ以上のことは不明です。

(3)マルセイユの人に愛されて

上記『アスリートの魂』では酒井がマルセイユの人たちにそのプレーによって愛され、路上でも親しく話しかけられる様子が映し出されていました。

さらに借りている一軒家の大家も酒井一家に非常に好意的で、酒井が他のチームとの試合などで別の都市に行き留守をしているときでも、嫁さんが困らないよう気遣ってくれる様子も紹介されていました。

酒井がマルセイユで懸命にプレーし続ける限り、マルセイユの人々に酒井一家は愛され、家族の愛も深まっていくことでしょう。

3.子供はエネルギーの源

酒井宏樹は2015年1月14日ツイッター上で第一子が誕生したことを発表しました。

ネット上の画像を拾ってみました。女の子ですね。

可愛いですね。

お母さん似でしょうから、お母さんも間違いなく可愛い人です。

(1)誕生の経緯

前年の8月に入籍し、5カ月ほどで子供が誕生したわけですから、酒井宏樹はできちゃった婚だったのです。

(この画像は直接は関係ありません)

第一子誕生で、チーム(ハノーファー)から特別許可をもらって帰国したというニュースがありますので、嫁さんは、ドイツではなく、日本で出産したことが確認されます。

もちろん勝手知ったる日本で出産したほうがストレスもなく、安心ですね。

そうすると一家3人で住み始めたのはいつからということが気になりますが、それはよいということにしましょう。

(2)お子さんのお名前は?

ネット上ではお嬢ちゃんの名前は「詩多(うた)」ということで広められています。

NHK『アスリートの魂』でもそのように紹介されていました。

子供の写真も名前も出さないスポーツ選手が多い中、酒井宏樹は堂々と公表しています。

NHKという公共放送の取材に応じた以上、そうすることが当然という心意気が伝わってきます。

そしてまた娘の安全は自分が絶対守り切るという決意も感じ取れます。

子供の育て方は各自が決めることですので、酒井の方針を尊重しましょう。

(3)いつも勇気をくれる

詩多ちゃん、お父さん大好きなようですね。

お父さんも詩多ちゃんが大好きで、詩多ちゃんの顔を見ていると、勇気が無限に湧いてくるみたいですね。

これからもお父さんの活力の源になってあげてね !

4.ま と め

・酒井宏樹はダウン症候群でもサヴァン症候群群でもありません。

ただのゴリラ顔です。ゴリラ顔を病気と決めつけることは厳に慎まなければなりません。

また酒井宏樹はマルセイユでの活躍から現在世界水準の右サイドバックとして評価されています。当然日本代表チームの一員になるべきです。選手の評価は広い視野から行わなければなりません。

・酒井宏樹の一般人ですので、画像も名前も公表されていません。

元柏レイソルのサポーターかファンで、その関係で交際が始まったと思われます。

できちゃった婚ですが、今時目くじらを立てる程のことではないでしょう。

小柄ですが、可愛い人のようです。

・酒井宏樹の子供は女の子で、名前は詩多(うた)ちゃんです。

画像も公開されていて、可愛さがはじけています。

酒井宏樹のエネルギーの源泉になっています。

最後に一言。

酒井宏樹はワールドカップの前に著書を刊行しました。

リセットする力ー「自然と心から強くなる考え方46」』(KADOKAWA、2018、5)です。

この本の印税は恵まれない子供たちに寄付されるそうです。

趣旨に賛同される方はご購入いただけたらと思います。